【絶景/爽快】山梨ツーリングスポットを紹介中!!

本ページはプロモーションが含まれています。

なぜバイクでリュックが危ないのか理由を徹底解説。対策方法や注意点は?

おすすめバイク用品
スポンサーリンク

バイクを運転する際リュックを使用することは危ないと言われています。リュックのなにが危ないのか、なぜ危ないのかを解説します。

またバイクに乗る際のリュックの注意点や対策も解説します。

リュックの注意点を確認して安全バイクライフを送りましょう。

✅記事内容
 ・バイクでリュックはなぜ危ない?
 ・リュックを使用する際の注意点と対策
 ・対策できるリュックの商品紹介
ビックおおき
ビックおおき

なぜ危ない?何が危ない?を解説します。


スポンサーリンク

バイクに乗る際なぜリュックが危ないのか

バイクに乗る際リュックがなぜ危ないと言われているか解説します。

✅危ない理由
 1.コーナリングでリュックがずれバランスを崩す
 2.背中や肩の疲労に気を取られて、運転に支障がでる
 3.転倒した際にリュックが重りとなり、衝撃性が増す

詳しく解説をします。

理由1.コーナリングでリュックがずれバランスを崩す

リュックは背中に背負う形のため、コーナリングでバイクを傾けた際リュックがずれてバランスを崩す可能性があります。

リュックが体に密着していないと、コーナリングで急に大きくずれることがあります。

リュックがずれた勢いでバイクのバランスを崩し転倒してしまう可能性があります。


理由2.背中や肩の疲労に気を取られて、運転に支障がでる

長時間バイクで運転すると、リュックを背負っている肩や背中に疲労や痛みが発生します。

痛みに気を取られたり、痛みをかばって姿勢が崩れたりすると、

急な操作ができなくなることや、注意力が低下して事故を引き起こす要因になります。


理由3.転倒した際にリュックが重りとなり衝撃性が増す

衝撃性は速度と重さの掛け算であらわされます。

リュックに荷物を入れているとその分運転者の重さがプラスされます。

そのため衝撃がリュックを背負っていない場合より、強い衝撃を受けてしまい重症化リスクが高まります。

また固いものがリュックに入っている場合、背中に当たり背骨に衝撃が加わる可能性が高いです。

そのため背骨を骨折するなど神経系に支障がでるリスクが高まります。


ビックおおき
ビックおおき

なにが危ないか、危ない理由を解説しました。次はどんな対策があるか解説します。

リュックの危ないに対する対策を解説

それではどのように対策をすれば良いのでしょうか。対策を解説します。

✅対策
 1.リュックには軽いものを入れる。荷物を入れすぎない
 2.固く大きなものは入れない
 3.リュックを体にしっかりと固定する

対策について解説します。


対策1.リュックには軽いものを入れる。荷物を入れすぎない

バイクにリュックを使用する時は、軽いものを入れてリュックの重さを軽くします。

そうすることで、リュックがずれたときのバランスの崩れを軽減することができ、転倒リスクを低くすることができます。

もし転倒した場合でもリュックが軽いため衝撃が少なくて済み、ケガの重症化するリスクを低くすることができます。

軽いと長時間のツーリングでも疲労や痛みが軽減されるので、安全なツーリングをすることができます。


対策2.固く大きなものは入れない

リュックに固い大きなものを入れておくと転倒した際に背中を打ちやすく、背骨に衝撃が加わる可能性が高まります。

ひどい場合には神経系に影響がでることがあります。そのため固く大きなものは入れない対策をしましょう。


対策3.リュックを体にしっかりと固定する

コーナリングでリュックがずれることが多々あります。

リュックがずれることでバランスを崩し転倒や、衝突を引き起こしてしまいます。

そのためリュックは体にしっかりと固定し、ずれ難い対策をしましょう。


やっぱりバイクはリュックも便利

リュックのメリットはたくさんあります。

✅リュックのメリット
 1.荷物積載の手間がない
 2.荷物を管理しやすい
 3.荷物が多く入る

やはりリュックはメリットが多く、使い勝手が良いので使いたいものです。

リュックは危ないと言われていますが、しっかりと対策がされているバイク用リュックを選ぶことで危ないのリスクを軽減することができます。

ビックおおき
ビックおおき

リュックは対策をしっかりすることが大切です。次に対策できるリュックを解説します。


バイクではどんなリュックを選べば良い?

チェックポイント

ではどんなリュックを選べばいいのでしょうか。

✅リュックの選び方
 ・危ないに対応できる【バイク用リュック】を選ぶ

バイク用のリュックが販売されており、固定性、衝撃性が考慮された商品があります。

【バイク用リュック】を選ぶことで、危ないの対策をすることができます。

しっかりと固定できるもの、衝撃性が考慮されたものを選びましょう。


バイク用リュック危ないに対応した商品

下記の対策がされているバイク用リュックを厳選して紹介します。

✅考慮項目
 ・しっかりと固定できるもの
 ・疲れにくさを軽減するもの
 ・防水対策がされているもの

上記を考慮した7商品について紹介をします。


1.【DOPPELGANGER】バイク用リュック

✅おすすめポイント
 ・防水対応
 ・腰、胸でも固定可能
 ・バイク積載にも対応

DOPPELGANGERはバイク用品を手がける企業です。

この商品の特徴は全天候対応で、リュックの固定が肩、腰、胸で固定できるところです。

背中にはメッシュ生地が採用されており、通気性も問題ありません。レビュー数が多く人気商品です。

項目★数
●総合評価★4.1
 ・耐水性★4.4
 ・軽さ★3.9
 ・耐久性★3.7
●評価件数856件
 ・評価★5~3の割合92%
 ・評価★2~1の割合8%

●口コミ

★数口コミ
評価★5~3を付けた人の口コミ・4年間通勤にて使用。耐水性、耐久性問題なし。
・収納力が高く、重宝しています。荷物が雨でも濡れることなく、防水力も強いです。
評価★2~1を付けた人の口コミ・思ってたより大きく、素材も硬かった。
・肩掛け紐の付け根の所から雨が染み込んできてしまった。
AMAZON参考

2.【Henly Begins】バイク用リュック

✅おすすめポイント
 ・防水対応
 ・腰、胸でも固定可能
 ・収納ポケット豊富

Henly Beginsはバイク用品を扱う有名企業です。

防水対応で、腰、胸で固定できる商品です。収納ポケットが豊富でサイド、フロントに収納可能です。高評価な商品です。

項目★数
●総合評価★4.4
 ・耐水性★4.3
 ・安全性★4.5
 ・耐久性★4.3
●評価件数584件
 ・評価★5~3の割合95%
 ・評価★2~1の割合5%

●口コミ

★数口コミ
評価★5~3を付けた人の口コミ・開け口が大きく出し入れがしやすい。防水なのでバイクに最適です。
・収納力が高く重宝しています。雨で濡れることなく、防水力も強いです。
評価★2~1を付けた人の口コミレビュー記載なし
AMAZON参考

3.【RSタイチ】バイク用リュック

✅おすすめポイント
 ・防水対応
 ・腰、胸でも固定可能
 ・ファスナー付き収納つき

RSタイチはバイク用品を手掛ける企業です。防水対応、固定もしっかりと対策されています。

ファスナー付きのポケットがあり、落下を心配することなくツーリングを楽しめます。こちらも高評価の商品です。

項目★数
●総合評価★4.2
 ・耐水性★4.5
 ・耐久性★4.3
 ・使いやすさ★3.8
●評価件数319件
 ・評価★5~3の割合95%
 ・評価★2~1の割合5%

●口コミ

★数口コミ
評価★5~3を付けた人の口コミ・走ってる最中にずり落ちないようにするベルトがあるのも良い。
・5年前に購入しました。背負いやすくて使い勝手も良くて丈夫なリュックです。
評価★2~1を付けた人の口コミ・新品なのに微妙な汚れがあり残念です
AMAZON参考

4.【コミネ】バイク用リュック

✅おすすめポイント
 ・防水対応
 ・腰、胸でも固定可能
 ・バイクに積載可能

コミネはバイク用品を手掛ける日本企業です。防水性と固定性も考慮されている商品です。

またショルダーストラップとウエストベルトを収納でき、バイクへの積載も可能です。

レビュー数も多く人気商品となっています。レビューでは長く使用している方もいます。ロングセラー商品です。

項目★数
●総合評価★4.1
 ・耐水性★4.3
 ・安全性★4.3
 ・耐久性★3.9
●評価件数639件
 ・評価★5~3の割合94%
 ・評価★2~1の割合6%
AMAZON参考

●口コミ

★数口コミ
評価★5~3を付けた人の口コミ・七年持ったことに驚きです。
・リアシートに装着も可能、リュックサックにもなり、雨にも負けずです。 
評価★2~1を付けた人の口コミ・マジックテープ部が服の袖に当たり服がダメージを受けた。
AMAZON参考

5.【ReROGUE】バイク用リュック

✅おすすめポイント
 ・防水対応
 ・胸で固定可能

ReROGUEはバイク用品のほかに商品を扱う商社です。

この商品の特徴は背面のチャックで中のものを取り出せることです。

また特徴的な素材で見た目も個性があります。

項目★数
●総合評価★4.4
●評価件数6件
 ・評価★5~3の割合100%
 ・評価★2~1の割合0%
AMAZON参考

●口コミ

★数口コミ
評価★5~3を付けた人の口コミ・個々の部屋は防水の袋で分割されていて、チャックも防水仕様でした。
評価★2~1を付けた人の口コミレビュー記載なし
AMAZON参考

6.【ASEKIHA】バイク用リュック

✅おすすめポイント
 ・防水対応
 ・胸で固定可能

ASEKIHAはバイク用品のほかに商品を扱う商社です。

この商品の特徴は背面のチャックで中のものを取り出せることです。

また特徴的な素材で見た目も個性があります。口コミでもデザイン性が評価されています。

項目★数
●総合評価★3.7
●評価件数67件
 ・評価★5~3の割合82%
 ・評価★2~1の割合18%
AMAZON参考

●口コミ

★数口コミ
評価★5~3を付けた人の口コミ・つるんとした形でマットな黒でデザインが良い。縫い目やジッパーはしっかりとし   た作りで、本体の色落ちもありません。
・商品説明の通りで、満足しています。しっかりしています。
評価★2~1を付けた人の口コミ・ヘルメットが入るのはいいですが他の荷物は入りませんね
AMAZON参考

7.【BinguoMoto】バイク用リュック

✅おすすめポイント
 ・防水対応
 ・腰、胸で固定可能
 ・表面が炭素繊維で耐久性あり

BinguoMotoはバイク用品を手がける海外のメーカです。

防水対応で腰、胸で固定が可能です。

特徴は表面の素材。耐久性が良い素材を使用しているため長く使用できる商品です。 

項目★数
●総合評価★4.1
●評価件数177件
 ・評価★5~3の割合90%
 ・評価★2~1の割合10%
AMAZON参考

●口コミ

★数口コミ
評価★5~3を付けた人の口コミ・軽くて体へのフィット感はGOODです。トップの手持ち用のハンドルが少しきになりますが、ライディング時の安心感もあり、良い買い物でした。
・荷物を1箇所に入れ込む人には、大変便利だと思います。
評価★2~1を付けた人の口コミ・チャックがすぐ壊れました。値段相応か。
AMAZON参考

なぜバイクでリュックが危ないのか理由を徹底解説。対策方法や注意点は?まとめ

バイクに乗る際なぜリュックが危ないのか解説をしました。

✅バイクでリュックが危ない理由
 ・コーナリングでリュックがずれバランスを崩す
 ・背中や肩の疲労に気を取られて、運転に支障がでる
 ・転倒した際にリュックが重りとなり、衝撃性が増す

正しく対策することで、転倒や衝突の可能性を軽減することができ、ケガの重症化リスクを低くすることができます。

バイク用リュックを選択することが対策にもなるので検討をしていただければ幸いです。

皆さまのバイクライフがより安全で楽しいものになることを心より願っております。

おわり。


バイク用品人気記事

【関連記事】バイク用品の記事一覧はこちらです。バイクシート、チェーン記事など節約しながらバイクライフを楽しみましょう。


節約人気記事


日本一周記事


タイトルとURLをコピーしました